プログラム・日程表

 50周年記念シンポジウム
50周年の歩みと未来への展望
  ●小児呼吸器学から教わったこと
          川ア    一輝(国立成育医療研究センター呼吸器科)
  ●小児呼吸器感染症診療ガイドラインの歩みと未来への展望
          尾内    一信(川崎医科大学小児科学講座)
  ●神経筋疾患の呼吸管理  ―変わった事、変わらない事―
          夛田羅 勝義(徳島文理大学保健福祉学部)
  ●新生児呼吸器学の歩み
          長谷川 久弥(東京女子医科大学東医療センター新生児科)
  ●小児気管支喘息の歴史と未来への展望
          森川    昭廣(群馬大学、社会福祉法人希望の家付属北関東アレルギー研究所)

 教育講演1
●小児結核の現状と課題  ―世界と日本―
          森          亨(結核予防会結核研究所)

 教育講演2
●同種脱細胞気管を用いた気道再建 ブタを用いた非臨床研究から
          渕本    康史(国際医療福祉大学小児外科)

 招請講演
●Antibiotic prescription and resistance in Chinese children
      Prof. Yonghong Yang(Beijing Children's Hospital, Capital Medical University)

 シンポジウム
重症心身障害児と神経筋疾患の在宅ケア
    :在宅移行時及び移行後の呼吸ケア・リハビリテーションの問題点
  座長:石川   加(国立病院機構八雲病院小児科)
     竹本   潔(大阪発達総合療育センター小児科)
重症心身障害児の在宅移行および移行後の呼吸ケア看護 〜当院での取り組み〜
          安江    昌子(愛知県心身障害者コロニー中央病院慢性呼吸器疾患看護認定看護師)
●解析データから見える在宅人工呼吸
          大野       進(滋賀県立小児保健医療センター臨床工学部)
●睡眠時経皮CO2モニターを活用した在宅NPPV管理
          阿部    聖司(国立病院機構西別府病院医療安全管理室)
●カフアシストなど機器を活用した在宅呼吸リハビリテーション
          河中 真由美(大阪発達総合療育センターリハビリテーション部)、他
●在宅NPPVの条件調整とインターフェイス選択
          竹内 伸太郎(国立病院機構八雲病院看護部)、他

 ジョイントシンポジウム
新生児慢性肺疾患と肺高血圧
          座長:長谷川 久弥(東京女子医科大学東医療センター新生児科)
             福島   裕之 (慶應義塾大学小児科)

●極低出生体重児の慢性肺疾患  ―肺高血圧症の診断―
          与田    仁志(東邦大学医学部新生児学講座)

●新生児期の肺高血圧と心肺連関を考える
          豊島    勝昭(神奈川県立こども医療センター新生児科)

●慢性肺疾患に合併した肺高血圧症に対する肺血管拡張療法
          小野       博(国立成育医療研究センター循環器科)

●新生児慢性肺疾患に伴う肺高血圧症
                    ―小児循環器医の視点から、分かっていることと分かっていないこと―
          福島    裕之(慶應義塾大学医学部小児科)

 特別セッション

私なりの考え方
          座長:江口 博之(東京歯科大学市川総合病院小児科客員教授)
●気管支喘息診療の過去・未来
          手塚 純一郎(福岡市立こども病院アレルギー・呼吸器科)
●特発間質性肺疾患(間質性肺炎)の診断について
          肥沼    悟郎(慶應義塾大学小児科)
●呼吸器感染症に対する抗菌薬の使い方
          石和田 稔彦(千葉大学真菌医学研究センター感染症制御分野)
●気道狭窄について
          樋口    昌孝(国立成育医療研究センター呼吸器科)

 ハンズオンセミナー1
呼吸機能の客観的評価(11日(土) 10:00〜11:30)
  コーディネーター:手塚  純一郎(福岡市立こども病院アレルギー・呼吸器科)
日常で施行する機会が多いスパイロメーターによる気流制限の評価、呼気中NO濃度測定による気道炎症の評価、日本アレルギー学会標準法による気道過敏性の評価について、講義・実技を組み合わせて明日から使えるようになることを目指して行う予定です。

 ハンズオンセミナー2
呼吸理学療法(11日(土)13:30〜16:30)
呼吸理学療法の基礎と受講者一人一人の「チームでの役割」を今一度考えていただく機会となるようにテーマを「呼吸理学療法の原点回帰」として企画しております。 

 Meet the Experts

「Meet the Experts」は、各部門のスペシャリストである講師陣と少人数(10名くらいまで)の
 参加者が、日常診療で感じている疑問点などについて気軽に話し合っていただく企画です。

 ミニセミナー
■11月10日(金)ランチタイム 
    ●肺炎球菌ワクチンとインフルエンザ菌b型ワクチンが小児呼吸器感染症に与えた効果について
             菱木 はるか(千葉大学医学部附属病院小児科)
    ●「メールマガジン:1枚の画像」から
             川ア 一輝(国立成育医療研究センター呼吸器科)

■11月10日(金)15:00〜15:45
    ●マイコプラズマ感染症の診断、耐性菌、発症機構に関する最近の話題
                       ―耐性率は着実に下がっています―
             成田 光生(札幌徳洲会病院小児科)

 

■11月11日(土)ランチタイム
    ●呼吸のフィジカルアセスメント:聴診所見の取り方など 
             高瀬 真人(日本医科大学多摩永山病院小児科)
    ●小児科医が知っておきたい結核診療の最前線
             宮川 知士(東京都立小児総合医療センター呼吸器科・結核科)

 
 

Copyright(C) 2017 JSPP50 All Rights Resreved.